高齢者施設の土地活用パーフェクトガイド » 高齢者施設を建てる際の基礎知識

高齢者施設を建てる際の基礎知識

このカテゴリーでは事業化までの流れや建築費、建築基準など土地活用として高齢者施設を検討する際の基礎知識を紹介します。

土地活用の流れ

アパート・マンション経営のパートナー企業がコンサルティングや物件建築、賃貸経営などをサポートしてくれるのと同様、高齢者施設の土地活用でもオーナーをサポートしてくれる専門会社があります。

土地活用の基本的な流れは似ていますが、異なる点も合わせて紹介します。

建築費

詳細ページでは有料老人ホームの建築費の一例をピックアップ。付帯費用なども合わせた初期費用の規模感を見てください。

また、高齢者施設の建築費をできるだけ抑えるコツも紹介します。

補助金

高齢者施設を開設するにあたって、たとえばサ高住は建築費の一部を国の補助金でまかなうことができます。建設費はもちろん、設備費などでも大規模な出費が伴うのが高齢者施設だけに、トータルの収益性を考えた時、補助金の有無は大きなポイントとなります。

税制優遇制度と合わせてご確認ください。

建築基準

住宅型有料老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、サ高住、デイサービス、グループホーム、小規模多機能型居宅介護ホームについて、それぞれの概要と建築基準を解説しています。

老人ホームとサ高住の違い

有料老人ホームとサ高住を対比させることで、オーナーにとっての土地活用にどのような違いがあるかを整理してみました。必要な面積や補助金の有無、社会的なニーズの高さなど、事業としてどちらが有利か、自分の所有地にマッチするのか、比較検討してみましょう。

介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い

有料老人ホームの中でも介護付と住宅型にはさまざまな違いがあります。サービスとしてのそれぞれの特徴から施設としてのスペック、直近のマーケット需要などを比較して、土地活用のプランニングの参考にしてください。

立地

一般的な賃貸住宅なら、大都市の人気エリアで駅近物件でないと苦戦するのは言うまでもありません。

ところが、老人ホームの場合は必ずしもそうした立地条件が求められるわけではありません。老人ホームならではの用地や周辺環境の特性についてご覧ください。

認可

有料老人ホームの設立条件や認可、届出などについて、介護付と住宅型の違いも踏まえて説明しています。たとえば、個人の土地オーナーだと法人化は必須である点など、事前に知っておくべきポイントをまとめてみました。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト