建築費

このページでは有料老人ホームやサ高住の建築費相場と初期費用を抑えるためのポイントを紹介します。

老人ホームの建築費用相場

建築費イメージ写真

高齢化が進む日本で、土地活用の方法として老人ホームを検討する地主の方は少なくないでしょう。

ただし、普通のアパートやマンションに比べると有料老人ホームやサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)は各種特別な設備が必要となりますし、建築制限や基準などを満たさなければなりません。

そのため建築費は、賃貸住宅よりもかさむ傾向にあり、一方でサービス利用料金を簡単に上げられる業種ではないのも事実。それだけ、建築費用はシビアに見積もっておくべき重要なポイントとなります。

有料老人ホームの建築費の一例

介護情報サイト『みんなの介護』に、定員数50人想定の有料老人ホームの建築費が一例として紹介されているので、これを参考にしてみましょう。

  • 施工費/約9,500万円
  • 什器など/約6,000万円
  • 備品/約3,000万円
  • 合計/約1億8,500万円

なお、上記以外の項目も紹介されています。

  • 物件取得/約1億円
  • 営業(WEBサイト構築なども含む)/約700万円
  • 広告宣伝費(印刷費なども含む)/約150万円

これら3項目を合わせた合計は約2億9,350万円となります。

引用元/みんなの介護『有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅の設立にかかる費用は?』
https://www.minnanokaigo.com/guide/roujinhome-manage/establish-cost/

老人ホームの建築費を抑えるコツは?

建築費を抑えるといってもサービス品質が落ちるようでは結果的に利用者が集まらず、収益を悪化させます。そこで、賢く建築費を抑えるためのコツとして2つのポイントを挙げておきましょう。

坪単価が安い建築会社に頼む

土地活用を踏まえた賃貸住宅を建築する専門会社も、いまでは多くが高齢者施設も手掛けています。高齢者施設は億単位の買い物。坪単価が数万円違うだけでも、最終的には数千万円単位の違いになってきます。

高齢者施設の建築実績が豊富な企業で、坪単価が安い建築会社を選ぶといいでしょう。とくに運営ノウハウに長けた企業なら、費用節約のポイントにも精通していると考えられます。

下記では高齢者施設の建築で評判の会社に電話取材し、坪単価が安い順にランキング化しています。

坪単価が安いところはどこ?
老人ホームの建築会社ランキング

補助金の出るサ高住を建てる

有料老人ホームと違ってサ高住を新しく建築する場合、国の助成金制度を利用することができます。工事費の1/10以内(1施設あたり1,000万円)かつ1戸あたり100万円が上限。

改修費用も工費の1/3を負担してくれるので、高齢者施設のなかでもサ高住を建築するのがお得です。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト