土地活用の流れ

高齢者施設の土地活用の流れは、専門会社に施設建築を依頼する場合と、専門会社に用地として貸し出す場合があります。異なる2つのパターンを紹介します。

専門会社に施設建築を依頼する場合の流れ

土地オーナーであればアパート経営をイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、自分の所有地に収益物件を建築してもらって、その物件オーナーとして経営するという方法です。

高齢者施設は初期投資が大きくなるものの、収益性も高い、言わばハイリスクハイリターンの土地活用。なお、普通の賃貸住宅や店舗などの事業と違って、高齢者施設の種類によっては建築費用の一部で公的補助金制度を利用できるものもあり、その場合は初期費用の負担軽減になります。

土地活用の主な流れは以下になります。

  1. 専門企業への問い合わせ・相談
  2. 法的制限や周辺マーケットを含む現地調査
  3. 企画・デザインの提案及び見積提示
  4. 詳細設計作業
  5. 建築工事着工
  6. 着工後、半年から1年程度で竣工
  7. サービスの開設準備と入居者や利用者の募集
  8. サービススタート

専門会社に用地として貸し出す場合の流れ

こちらの場合は用地だけを専門企業に貸し出して、事業の運営自体は企業に任せる方法。事業スタートに関する準備はすべて企業側が行なうため、土地オーナーは手間やリスクが小さくなります。

逆に言えば、土地を貸しているだけなので土地オーナーの収入は賃料のみ。いわゆるローリスクローリターンの土地活用です。

ただし、高齢者施設のなかには自治体の公募によるものもあり、一般的な営利事業と比べて中長期的な安定運営が期待できます。

この場合、土地活用の主な流れは以下になります。

  1. 専門企業への問い合わせ・相談
  2. 法的制限や周辺マーケットを含む現地調査
  3. 借地契約の条件提示
  4. 交渉及び条件調整
  5. 合意後に借地契約の締結
  6. 賃料収入スタート
  7. 施設完成後サービススタート

土地活用で多いのは事業を専門業者に任せるパターン

高齢者施設の土地活用をする場合、土地だけ貸して運営は任せるパターンの方が多いと思います。運営には一切手を出さず、一括借り上げによって家賃収入が入ってくるのは大きなメリットです。

とくにいまは高齢者社会ということもあり高齢者施設の空室リスクは低く、安心感と安定感は土地活用のなかでも屈指です。

とはいえ、安全運営で大事なのは初期投資額と運営会社とのマッチングなので、坪単価が安く、条件に合った運営事業者を紹介してくれる会社を選びましょう。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト