駐車場

短期や狭小地に有利!駐車場土地活用の成否ポイント

このページでは狭小地でも収益が期待できる駐車場という土地活用について検証、高齢者施設との比較もしてみました。

駐車場の土地活用とは

駐車場はサービス形態としてコインパーキングと月極駐車場の2種類があり、場合によっては併用も考えられます。オーナーから見た場合の土地活用としては、主に以下の4つに分類されます。

  • 自主運営/月極で小規模な駐車場だと、オーナー自ら管理するケースもあります。
  • 管理・運営委託/月極でも募集や管理業務を委託するケースがあります。コインパーキングでも設備投資は自らが行って、管理や運営を専門業者に委託するケースがあります。
  • 一括借上/月極駐車場すべてを一括して業者に貸し出す方法。アパートやマンションの一括借上と同様です。
  • 土地賃貸/コインパーキングの専門業者に土地を貸して、設備投資から管理・運営をまるごと任せる方法です。

駐車場の土地活用に総じていえるのは、オーナーが初期費用や手間をあまりかけず、事業化できるという点です。

駐車場土地活用のメリット・デメリット

駐車場による土地活用のメリットとデメリットを整理、高齢者施設による土地活用と比較することで検討してみてください。

駐車場のメリット

  • 少額投資(オーナー負担0円)でスタートできる
  • 他の用途への転用が比較的容易にできる
  • 不動産資産の中では流動性が高い
  • 狭小地など不利な立地でも可能性あり
  • 一時的な短期の土地活用にも使える

駐車場のデメリット

    土地活用の中では比較的収益性は低めになる

    固定資産税や相続税など節税効果がない

    景気の変動や周辺の交通状況などに左右されやすい

高齢者施設のメリット

  • 少子高齢化が進む日本では年々需要が増えている
  • 郊外や地方でもあまり立地条件に左右されない
  • 固定資産税や相続税など節税効果が見込める
  • 中長期的な安定収入が期待できる
  • サ高住は建築費用で国の補助金制度を利用できる
  • 地域に対する社会貢献になる

高齢者施設のデメリット

  • 一般的な住宅よりも建築費用が高くなる
  • 地域によっては開発規制している自治体がある
  • 利用者の評価は業務委託する事業者に依存する
  • 駐車場はどんな人におすすめか
  • 駐車場による土地活用でしっかりとした収益が見込めるのは、主に以下の要件に該当するケースです。
  • できるだけ自己資金を使わず資産運用したい
  • 所有地の流動性を持たせたまま一時的な収益化を図りたい
  • 売却や納税用地など土地を手放すことが決まっている
  • 狭小地など建物を建てることができない立地

狭小地や変形地など特殊事情がある場合、駐車場による土地活用がおすすめというよりは、他の方法は困難で、結果的に駐車場オーナーを選択せざるを得ないというケースもあるでしょう。

逆にいえば、土地活用として複数の選択肢が検討できるようなケースで、積極的に駐車場を選ぶには短期間しか運用しないか、初期投資ができないかなど、明確な事情が関係します。一定の広さがあって、初期投資をしても中長期でリクープすることを見込むなら、比較的リスクが小さく収益性が高めの高齢者施設を検討したいところです。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト