貸事務所

高利回りも期待できる!貸事務所土地活用の成否ポイント

このページでは賃料単価が高めになる貸事務所という土地活用について検証、高齢者施設との比較もしてみました。

貸事務所の土地活用とは

貸事務所というニーズは一般的な賃貸住宅よりも母数が少なく、より都心の好立地など条件が限定されるものの、高めの賃料設定などによる高利回りが期待できる土地活用でもあります。

例えばビルを建てるとして、下層階が店舗や事務所用途になっていて、上層階が住宅用途になっている物件などはリスク分散の一種。オフィスビル経営では、建物の建築費用は高額になりがちなので、土地を貸し出すだけの事業用定期借地も含めて検討すべきでしょう。

貸事務所土地活用のメリット・デメリット

貸事務所による土地活用のメリットとデメリットを整理、高齢者施設による土地活用と比較することで検討してみてください。

貸事務所のメリット

  • 同じ立地でも住宅よりは賃料を高めに設定できる
  • 保証金を半年や1年分など多めに設定できる
  • 原状回復費用は基本的にテナント負担
  • 土地活用として高利回りが期待できる

貸事務所のデメリット

  • ニーズがある地域・立地環境は限定される
  • 移転・撤退の頻度が住宅よりも高く空室リスクになる
  • 住宅家賃と比べて景気動向による賃料の変動率が大きく
  • 入居希望の企業についてオーナー個人が信用調査するのは難しい

高齢者施設のメリット

  • 少子高齢化が進む日本では年々需要が増えている
  • 郊外や地方でもあまり立地条件に左右されない
  • 固定資産税や相続税など節税効果が見込める
  • 中長期的な安定収入が期待できる
  • サ高住は建築費用で国の補助金制度を利用できる
  • 地域に対する社会貢献になる

高齢者施設のデメリット

  • 一般的な住宅よりも建築費用が高くなる
  • 地域によっては開発規制している自治体がある
  • 利用者の評価は業務委託する事業者に依存する

貸事務所はどんな人におすすめか

貸事務所による土地活用でしっかりとした収益が見込めるのは、主に以下の要件に該当するケースです。

  • 賃貸住宅経営より高収益を求めたい
  • 都心のビジネス街と呼ばれるエリアに土地を所有している
  • 都心でも日照や騒音など住宅に不向きな条件の土地を所有している
  • 自宅併用ビルでテナントを入れたい

貸事務所として需要が見込める土地はある程度限定されてしまいます。それに合致することを前提として、賃貸住宅よりリスクは大きくなってもリターンを増やしたいなら、チャンレンジしたい土地活用といえるでしょう。

一方、高齢者施設の場合は同じ対事業者向けの土地活用でも、あまり立地環境に左右されません。むしろ郊外の閑静なエリアでもテナントが見込めるジャンルで、リスクを抑えつつ収益を見込める点が魅力といえます。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト