貸倉庫

相続税対策にもなる!貸倉庫土地活用の成否ポイント

このページではメンテナンスの手間やコストがかからない貸倉庫という土地活用について検証、高齢者施設との比較もしてみました。

貸倉庫の土地活用とは

貸倉庫にもサブリースやフランチャイズがあります。他のジャンルに比べて貸倉庫のフランチャイズはまだ成熟しきっているわけではなく、借主を見つける手間を回避するという意味で、一般的に土地オーナーはサブリースを選択する方が無難でしょう。

地域や広さ、周辺環境などを加味すればトランクルームとの比較も検討されるところ。大まかに分類すると、トランクルームは荷物を預かるビジネスで、貸倉庫は倉庫としての場所を貸すビジネス。前者はB2C、後者はB2Bがメインとなります。

貸倉庫土地活用と高齢者施設のメリット・デメリット

貸倉庫による土地活用のメリットとデメリットを整理するとともに、高齢者施設の土地活用と比較してみました。

貸倉庫のメリット

  • 高利回りが期待できる
  • メンテナンスの手間やコストがあまりかからない
  • 初期投資を小規模に抑えられる
  • 相続税の節税効果が見込める
  • 周辺に嫌悪施設がある立地でもマイナスになりにくい

貸倉庫のデメリット

  • 借主を見つけるのが簡単ではない
  • 固定資産税の節税効果がない
  • 住宅街だと近隣からのクレームになるリスクあり

高齢者施設のメリット

  • 少子高齢化が進む日本では年々需要が増えている
  • 郊外や地方でもあまり立地条件に左右されない
  • 固定資産税や相続税など節税効果が見込める
  • 中長期的な安定収入が期待できる
  • サ高住は建築費用で国の補助金制度を利用できる
  • 地域に対する社会貢献になる

高齢者施設のデメリット

  • 一般的な住宅よりも建築費用が高くなる
  • 地域によっては開発規制している自治体がある
  • 利用者の評価は業務委託する事業者に依存する

貸倉庫はどんな人におすすめか

貸倉庫による土地活用でしっかりとした収益が見込めるのは、主に以下の要件に該当するケースです。

  • 初期投資の費用を抑えたい
  • 工業地域に土地を所有している
  • ランニングの手間やコストをかけたくない
  • 所有地の近くに嫌悪施設がある

賃貸住宅や商業施設などには向かない土地でも、貸倉庫ならマッチするという立地環境もあるので、一番に考えるべきは周辺も含めた所有地の環境です。

いわゆる好立地でない場合の土地活用では、貸倉庫だけでなく高齢者施設も候補になります。工業地域だとNGですが、駅から遠い場所や商業エリア・住宅地とは多少距離があるようなのどかな場所でも、高齢者施設なら十分な収益性が期待できます。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト