大和ハウス

このページでは、医療・介護施設ソリューションでオーナーをサポートする、大和ハウスの高齢者向け施設に関する土地活用について特集しています。
特に、

  • 大和ハウスで高齢者施設を建てるならどれぐらいかかるの?
  • 大和ハウスで建てる高齢者施設のメリットって何?
  • 大和ハウスってどんな提案してくれるんだろう?

などと検討している地主の方に向け、大和ハウスがこだわる高齢者向け施設や大和ハウスの強みや建築事例、坪単価などの費用・口コミなどを紹介しているので参考にしてみてください。

大和ハウスによる高齢者施設建築の坪単価

大和ハウス公式HPキャプチャ
引用元:大和ハウス公式HP(https://www.daiwahouse.co.jp/tochikatsu/)

坪単価:100万円台~
500坪の高齢者施設を建てた場合:約5億円

【管理人コメント】大手ハウスメーカーだけに、坪単価は高水準です。ブランド力は十分で安心感も抜群ですが、コストを重視している方には不向きの会社かもしれません。

大和ハウスの地主向け3大注目ポイント

土地オーナーが注目すべき、大和ハウスのおすすめポイントを紹介します。

  • サ高住や住宅型有料老人ホーム+医療・介護の連携が得意
  • 多様な介護施設の計画から施工までトータルサポート
  • グループのシルバーエイジ研究所が介護事業者をサポート

大和ハウスの特徴

土地や建物のオーナーに有力な介護事業者(テナント)を紹介

介護施設は肝心の中身を運営してくれる事業者(テナント)を見つけることも必要です。大和ハウスでは土地あるいは建物のオーナーに対して、箱モノを建てるだけではなく、テナントとして介護事業者の紹介もしてくれます。長期一括借り上げによる安定的な収益を目指します。

医療型の高齢者住宅に強い

大和ハウスが提案する介護施設は、介護と医療が一体型となったタイプが多め。サ高住や住宅型有料老人ホームを主軸に、大和ハウスは医療法人をテナントとして招くことを得意としている不動産会社です。

介護を必要とする高齢者の多くは、同時に医療も必要としています。介護と医療が一体型の施設であれば、利用者からの信頼も集まることでしょう。ひいては、地域における長期的・安定的な収益も期待できることでしょう。

医療法人への提案が積極的

介護事業での土地活用に関し、多くの不動産会社では、当然ながら土地オーナーに対する提案を中心に行っています。

一方で大和ハウスは、土地オーナーよりもむしろ、医療法人(テナント)への提案に積極的。箱を作って終わりという不動産会社ではなく、土地活用のオーナーにとって最も重要な「良質のテナント探し」に力を入れている不動産会社です。

長期安定的に収益を上げるためには、箱よりも中身のほうが大事。土地オーナーにとって、大和ハウスは心強いパートナーになることでしょう。

シルバーエイジ研究所がより有益な土地活用を提案

同社グループのシルバーエイジ研究所は企業だけでなく行政との付き合いもあり、高齢者に関連する住まいや医療・介護などについて、多種多様なデータやノウハウなどを蓄積。それを土地活用の提案にもフィードバックしていて、高齢者施設のなかでもデイケア・デイサービス、グループホームの施工実績が豊富です。

大和ハウスの高齢者施設の施工事例

大和ハウスの施工事例1
引用元:大和ハウス公式HP(http://www.daiwahouse.co.jp/business/silver/elderly/casestudy/case21.html)

大和ハウスの施工事例2
引用元:大和ハウス公式HP(http://www.daiwahouse.co.jp/business/silver/elderly/casestudy/case18.html)

大和ハウスの施工事例3
引用元:大和ハウス公式HP(http://www.daiwahouse.co.jp/business/silver/elderly/casestudy/case19.html)

公式HPで
施工事例をもっと見る

大和ハウスの土地活用事例

事例1:収益確保と社会貢献を両立させたい

大和ハウスの施工事例1
引用元:大和ハウス公式HP(https://www.daiwahouse.co.jp/tochikatsu/case/elderly.html)

東北地方にある都市部に、約400坪ほどの広い土地を所有していたオーナー。収益性もさることながら、将来のための相続に備え、節税に有効な土地活用を考えていたそうです。

加えて、この地主さんの家訓は「世のためになることをして、みなさんに尽くす」というもの。家訓に忠実な土地活用を行うことも、オーナーの強いこだわりでした。

大和ハウスはその要望を受け、年金生活の高齢者でも入居ができる住宅型有料老人ホームでの土地活用を提案。運営事業者として医療法人とのマッチングも行い、医療と介護が融合した理想的な介護施設建設が始まりました。

延床面積は270坪。利用定員は33名。1Fには地域の人たちとの交流の場として利用できるレストランスペースを設けるなど、家訓にしたがった有効な土地活用が実現しました。

大和ハウスの口コミ評判

細かいお願いに応えてくれました

「決められた予算の範囲内でいろいろと細かいお願いに応えていただけました。運営側での実績も豊富な大和ハウスさんだけに、施設の完成度にも大変満足しています」

高齢者施設と他の土地活用の方法を比較

マンション投資

一般的に、土地を所有している方は土地活用にまずマンション投資を考えます。確かにマンション投資は、土地の場所によっては安定的な収益が見込め、なおかつ節税対策としても有効です。

しかしながらマンション投資で安定的な収益が期待できるのは、都市部の駅近が大半。しかも都市部の駅近物件は競争が激しいため、常に空室リスクと隣り合わせです。

シニアの需要が高まることが確実な今、都心や田舎などの場所を問わず比較的安定した収益を見込めるという点において、マンション投資よりも介護施設での土地活用のほうが収益を上げやすいとも考えられます。

アパート投資

アパート投資もまた、マンション投資と同様にメジャーな土地活用法の一つ。マンションに比べて初期費用が低く、かつ、比較的狭小な土地でも活用できる点がマンション投資のメリットです。

一方で、アパート投資が晒されているリスクはマンション投資と同じ。土地の場所によっては有利な投資法になるかも知れませんが、介護施設などと違い、あまり場所を選ばない堅実性のある収益確保が狙える投資法ではありません。

もとより、アパートよりもマンション志向の人が増えてきた社会的背景も、アパート投資のリスク要因の一つです。

駐車場経営

初期投資が少なく、他の事業への転換もやりやすい駐車場経営。初めて土地活用をする方には、とても人気の投資法です。

しかしながら駐車場経営は、他の土地活用法に比べて収益性は低めです。土地周辺の交通事情によって、収益が大きく左右されるという弱点もあります。また介護施設などとは異なり、節税効果はほとんど期待できません。

場所を問わず安定的・長期的な収益が期待できる介護施設と比較し、駐車場を選ぶメリットは低いと考えられます。

坪単価が安いところはどこ?
老人ホームの建築会社ランキング

大和ハウスはこんな人にオススメ!

以上、大和ハウスが手掛けている介護施設での土地活用の特徴について解説しました。改めて大和ハウスのおすすめのポイントをまとめると、

  • 介護と医療の一体型施設が得意
  • 豊富な経営実績による事業運営のバックアップ
  • 多様な介護施設の計画から施工までトータルサポート

医療と介護の両立という、利用者目線での提案を積極的に行う大和ハウス。長期安定的なニーズが見込まれる介護業界とは言え、今後施設が乱立すれば、事業者同士の競争が激しくなっていくことも否めません。

介護事業の競争が激化される時代には、きっと、大和ハウスが手掛けるような「本物の介護施設」が生き残っていくことでしょう。

医療施設を兼ねた介護施設をお考えの方にとって、頼もしいパートナーになりそうです。

大和ハウスの会社概要

会社名 大和ハウス工業株式会社
本社所在地 大阪府大阪市北区梅田3-3-5
営業時間 記載なし
定休日 土曜、日曜、祝日
手がける
高齢者施設
サービス付高齢者向け住宅住宅型有料老人ホーム、他
設立 1947年3月4日

グループ会社に介護事業をもつ建築会社 3選

ワイビルド

運営施設数:19

公式サイト

ミサワホーム

運営施設数:8

公式サイト

大東建託

運営施設数:3

公式サイト

グループ会社に介護事業をもつ
建築会社 3選

ワイビルド

運営施設数:19

公式サイト

渋沢

運営施設数:8

公式サイト

大東建託

運営施設数:3

公式サイト