高齢者施設の土地活用パーフェクトガイド » 親から相続した土地の活用術

親から相続した土地の活用術

放置は損!相続した土地を有効活用する方法

このカテゴリ-では農地・空き地・実家の3つのパターン別に、相続する差異の土地活用方法や保有し続けることのリスク、生前にすべきことなどを紹介しています。

農地

農地の相続に関連する重要ポイントを紹介します。

農地を他の用途に転用するには許可を得る必要あり

親が農業をしていた農地があって、相続人たちは誰も農業をやらない場合、その土地活用は簡単な話ではなくなります。農地は農業をする人に貸したり売ったりするのは簡単ですが、別な用途に転用する場合は各自治体の農業委員会から許可を得なければならないのです。

今の法律だと遊休農地は固定資産税が割安にならない

農地を相続して誰も農業をしないからといって、そのまま放置しておくのも得策とはいえません。農地は固定資産税で優遇されるのですが、有休農地として放置したままにすると、この優遇が受けられなくなります。

今後の農地売却・賃貸は農地集積バンクに注目

農地集積バンクとは、小規模な農地を集積することで大規模な農家に利用してもらおうという、国が推進する仕組み。農地の継承者がいない場合、賃貸や売却が見つけにくいところ、農地集積バンクを利用すれば小規模農地も有効活用できるでしょう。

空き地

空き地の相続に関連する重要ポイントを紹介します。

空き地のまま放置することにメリットはない

空き地の相続で問題となるのは、売るにも貸すにもニーズが見込めない、地価の安い場所でしょう。固定資産税がそれほどの金額ではないからと放置するのは愚策で、税金負担や近隣トラブルなどデメリットしかないのです。

市街化区域内の空き地は都市計画税もかかる

自治体によって、市街化区域内の空き地だと土地評価額の1.4%となる固定資産税にプラスして、同0.3%の都市計画税も負担しなければならないケースがあります。

地価が安い土地こそ土地活用の知恵が必要

地価が安い土地でも、近年は高齢者施設や太陽光発電などによって収益化に成功しているケースもあります。これらは立地や地域特性次第なので、地元に精通した土地活用業者に相談して、ベストな提案をもらうのが賢明です。

実家

実家の相続に関連する重要ポイントを紹介します。

建て替えするのかしないのか

相続人たちが実家に住まない場合、貸すにしても売るにしても家の老朽化がまず懸念されると思います。ただ、最近は借主負担のリフォームやサブリースしてリフォームする専門業者もいて、更地にしての売却なども含めて複数の選択肢を比較検討すべきです。

空家を放置するのはリスクあり

老朽化した空家が倒壊リスクなど近隣トラブルの元となっている状況などもあり、施工されたのが空家対策特別措置法。特定空家に認定されると、更地の1/6だった固定資産税優遇がなくなってしまいます。

生前からよりベターな土地活用をしておく

子世代が実家で同居しないにしても、親世代が健在なうちに賃貸住宅や店舗などの自宅併用型施設に建て替えをしておくのも一手。相続税対策にもなり、相続後の収益も期待できます。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト