空き地

地域特性を熟知した専門業者に相談したい!空き地の土地活用

このページでは所有しているだけで税金がかかる空き地について、相続に関する注意点や活用方法などについて紹介します。

空き地活用法の基礎知識

空き地の土地活用方法としては、まず売却するか所有したまま何らかの用途で運用するかを検討する必要があります。売るにしても貸すにしても、その土地のスペックや地域特性、そして適用される法令などによってベストな選択肢は変わってきます。

これが、都心の一等地ならそもそも空き地のままにしておくこともないでしょう。相続に際して問題となってしまうのは、やはり一般的にはあまり資産価値が高いとはいえない空き地がある場合です。

複数の業者に相談するのは前提で、その地域に精通した土地活用の専門業者に問い合わせてください。単なる不動産売買ではなく、土地活用としてベストの提案をしてくれるのは、やはりスペシャリストがいる企業です。

空き地を保有し続けるとどうなる?

空き地だからといって所有者が放置したままだと、それだけで毎年税金がかかってしまいます。

土地を持っていれば固定資産税がかかるのは当然で、それは何にも利用していない空き地でも同様。特に都心などの地価が高いエリアで空き地のまま所有していると損失を生む負の遺産になってしまいます。

なお、自治体による差はありますが、空き地状態にかかる税金は以下が目安となります。

  • 固定資産税/土地の評価額×1.4%
  • 都市計画税/土地の評価額×0.3%

市街化区域内にある空き地だと固定資産税にプラスして都市計画税がかかるので、できるだけ速やかに土地活用すうか、売却するか実行に移す必要があります。

空き地売却のメリット・デメリット

空き地を売却するにあたって、メリットといえる点とデメリットとなる点とを紹介します。

  • 空き地売却のメリット
  • 強いていえば流動性を保てる
  • 空き地売却のデメリット
  • 固定資産税や都市計画税をムダに支払続けることになる
  • 荒れ地化すると近隣からのクレームなどトラブル要因になる
  • 手入れするとなると手間とコストがかかる
  • 生前にやっておくべきこと

例えば親世代が空き地を所有していたとして、地価が高いようなエリアであればなんらかの土地活用をしていてもおかしくありません。本人たちが積極的ではなかったとしても、不動産会社などがアプローチしてくる可能性が高いからです。

そこで、生前贈与するしないも含めて、土地の名義や広さ、地目などはきちんと把握しておく必要があります。その上で土地活用の専門業者複数に問い合わせをして、どの程度の資産価値があるかを確認しましょう。それを踏まえて、賃貸や売却及びその具体的な方法を比較検討するのがベストです。

まとめ

結論として、空き地は何もせずに所有していることにはまったくメリットがありません。できるだけ早く土地活用すべき課題と認識してください。

その際、地方で住宅街から離れているような土地だと、二束三文で手放してしまうケースも少なくありません。そういった時も一般的な宅地や商業施設には不向きでも、高齢者施設や太陽光発電など収益が期待できる土地活用も考えられます。そのエリアに精通する土地活用のプロに相談すれば、よりよい提案が期待できるでしょう。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト