高齢者施設の土地活用パーフェクトガイド » 関東在住で土地活用を考えている人へ

関東在住で土地活用を考えている人へ

関東6県に見る高齢者施設の土地活用の有用性

このカテゴリ-では埼玉・群馬・栃木・茨城・神奈川・千葉の関東6県にフォーカスして、土地活用の概況や高齢者施設数・遊休地のデータ、おすすめ建築会社を紹介しています。

埼玉

政令指定都市でもあるさいたま市は人口が130万人近い大規模な都市ですが、東京都に隣接する川口市など一部を除き、必ずしも賃貸住宅経営で安定収益が期待できるというわけではありません。

むしろ、県内には越谷市や春日部市なども含めて人口の多い街が複数あり、それらは全般的に高齢化傾向にあります。埼玉県全体では高齢者施設数が全国で5番目に多いことなども合わせて、その需要の大きさがうかがえる状況。特に、今後は主要都市周辺以外のエリアこそ、まだ十分な施設供給がなされていないので、土地活用の用途として高齢者施設を検討したいところです。

群馬

近年は県全体の人口が200万人を割り込むなど人口減少が顕著となっている群馬県。並行して高齢化は進行していて、2025年には高齢者人口が60万人近くなるという予測データもあります。この予想に近い状況になってしまうと、県民の1/3以上が高齢者になるという事態。

一方、群馬県では単身者向け賃貸住宅の家賃相場が35,000円前後というデータもあります。地価を考慮すれば妥当な相場感でもありますが、土地オーナーにしてみると建築費用が大都市に比べて格安に済むわけではないので、土地活用の収益を圧迫する要因にもなります。

その点、高齢者施設の方が受給バランスや利用料金相場などからも、有効な土地活用といえそうです。

栃木

日光や那須塩原、鬼怒川など知名度が高く自然環境にも恵まれたエリアが複数あるのも栃木県の大きな魅力。プラスして、東北新幹線や東武線の特急、東北自動車道といった都心からの交通アクセスでも優位性があり、県内だけでなく、他県からの移住による高齢者施設利用者が見込める土壌があります。

栃木県自体の高齢者人口は2000年代に入ってから1.4倍程度増えている状況で、今後もさらに増加していく可能性が高いのは他県と同様。それもあって、県としては地域包括ケアシステムに注力しているのが強みともいえます。施設単独での介護というより、地域全体で高齢者をサポートしようという方針はオーナーにとっても心強いものです。

茨城

つくばエクスプレスによって都心へのアクセスが便利なエリアでは人口増加も見られますが、他は減少と高齢化が進んでいる状況。特に高齢化率が高いのは県北部ですが、高齢者施設数が多いのは県央部や県南部で、本来の需要が多いエリアにはまだまだ供給が行き届いていないという見方もできます。

土地活用という点では、賃貸住宅のニーズは限定的。むしろ高度経済成長期に移住した世代の高齢化が進んでいることもあり、施設数が十分という状況ではありません。

また、県南部は交通アクセスのよさと、周辺ののどかさなどもあって、東京や千葉からの移住による高齢者施設利用も増えているようです。

神奈川

全国平均と比べても急速に高齢化が進む神奈川県は、全国に先駆けて介護ロボットの導入を行政の後押しで進めるなど、介護福祉の充実に力を入れています。人口10万人あたりの有料老人ホームの定員数も全国トップクラス。

数が多い=ニーズが高いと判断することもできますが、高齢者向け施設の新設ラッシュがこのまま続けば、施設の過剰供給のリスクがないかもしっかり見極める必要が出てきます。神奈川県で高齢者施設として土地活用をしようと検討している方が知っておきたい情報をまとめました。

千葉

千葉市、船橋市、松戸市など人口の多いエリアに多く高齢者施設が分布している千葉県は、土地活用の一つの道として高齢者向け施設を検討する価値のあるエリアです。

千葉県の傾向としては、介護施設数が多いこと、入居型の高齢者向け施設は県外からの入居希望者も多い傾向があることが挙げられます。土地活用で高齢者施設を検討する際には、県外からのニーズも見据えて土地活用プランを検討するのもいいかもしれません。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト