高齢者施設の土地活用パーフェクトガイド » 高齢者施設の土地活用のメリットとは

高齢者施設の土地活用のメリットとは

土地活用と言ってもさまざまな種類があるなかで、高齢者施設を選択した場合、はたしてどんなメリットがあるのでしょうか。大きく分けて3つあるメリットをご紹介します。

相続税対策になる

すでに土地を持っているケースでも、土地なしである程度の金融資産があるケースでも、親世代から子世代に資産を継承する際に生じるのが相続の問題です。その相続税対策として、なぜ高齢者施設の土地活用が有効なのでしょう。

大事なのは、現金、土地、賃貸物件といった資産形態の違いによる相続税評価額が異なること。また、固定資産税や都市計画税などでも優遇制度が活用できる高齢者施設もあることも見逃せないポイントです。

高齢者施設によって土地活用することがどのくらいお得になるか、減額割合についても一例を挙げて紹介しています。

安定した収入が得られる

不動産投資は資産家だけの特権というイメージが強かったものの、いまや普通のサラリーマンでもマンション投資にいそしむ時代。土地活用という、ミドルリスクミドルリターンの投資のなかでも、高齢化が加速している日本社会では従来的な賃貸経営に比べて、高齢者施設のほうが利用者のニーズもより見込めるというのもひとつの流れといえます。

高齢者施設の土地活用で中長期的な安定収入が期待できる背景に加え、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)の政府方針や補助金といった優位性については、ぜひとも知っておきたいポイントです。

地域貢献ができる

高齢者施設の需要は、社会の問題がより大きく関係します。その問題というのが、日本をはじめとする先進国の少子高齢化。必ずしも多くの人が望む未来ではないものの、結果的に高齢者施設の需要はますます拡大している結果となっています。

詳細ページでは高齢者施設が供給不足である点や地域貢献することの社会的意義について紹介しています。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト