地域貢献

このページでは高齢者施設の土地活用が、地域貢献に繋がる理由について解説します。

日本社会全体の高齢者施設に対するニーズは大きい

2020年を迎えると、全国の介護施設は約180万人分も不足するという予測データがあります。これは高齢者住宅関連事業を手掛ける「タムラプランニング&オペレーティング」が調査結果に基づいて予測したもの。

同様のデータのなかでは、2020年段階で介護施設のニーズ自体は、約373万人にもなるとも言われています。

介護施設の供給不足が顕著に

下記のデータは、2015年時点と2020年時点の介護施設の供給不足数を比較しています。5年間でいずれの施設も供給不足になると想定されています。

施設 2015年供給不足数 2020年供給不足数
介護老人福祉施設 588,664人 702,165人
介護老人保健施設 370,665人 402,965人
グループホーム 200,762人 240,189人
小規模多機能 85,523人 146,906人
看護小規模多機能 5,176人 52,789人

自治体別では横浜市や大阪市の供給不足が5万人超に

政令指定都市別のデータでは、横浜市と大阪市の2020年供給不足数が5万人を超えると予測されています。

これは要介護2以上と仮定した場合で、こうしたエリアではビジネスチャンスというだけでなく、地域貢献という社会的意義からも高齢者施設への新規参入が求められているわけです。

引用元/タムラプランニング&オペレーティング『2020 年の全国の介護施設等の不足数は 180.9 万人分と推計』
http://www.tamurakikaku.co.jp/wp/wp-content/uploads/eriadata_pres20161209.pdf

土地活用として高齢者施設で地域貢献をする意義

さまざまな土地活用方法のなかでも高齢者施設は、これからの日本において需要が高まる傾向にあり、その土地で高齢者が利用できる施設不足になることが避けられません。

上記のデータからわかるとおり高齢者施設を望んでいる人は少なくなく、自分の地元にも多くいることでしょう。とくに地方になれば高齢化が進んでいるだけに、地域貢献できるという社会的意義は、十分なモチベーションになるでしょう。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト