安定した収入

このページでは補助金制度もあるサ高住など、高齢者施設が土地活用で儲かる仕組みについて紹介します。

高齢者施設の土地活用が儲かる理由

少子高齢化が進む日本では、中長期的に見て若い世代向けの一般的な単身者住宅より、高齢者施設の需要がより増していくのが明白。その事実をベースとしつつ、高齢者施設が土地活用の方法のなかでも有利な点をまとめてみましょう。

立地環境にあまり左右されない

賃貸マンションなら大都市の人気駅周辺エリアでないと、簡単に入居者は集まりませんし、家賃下落リスクも高くなります。

一方、高齢者施設は地方でも高い需要がありますし、駅周辺や商業エリアなどではなく、自然豊かな周辺環境でも交通の便が確保していれば、十分収益性が期待できます。

実際に、利用者は立地はガヤガヤした駅近よりも、快適に過ごせる静かな郊外を好む傾向にあります。

中長期の安定収入が期待できる

高齢者施設の運営は、専門の事業会社に委託するのが一般的。民間企業なので撤退や倒産のリスクがゼロではないものの、普通の賃貸住宅とは違って中長期(20~30年ほど)の契約を結ぶので、土地オーナーとしてもある程度安定した収入が期待できます。

また、高齢者のさらなる増加に伴い、不動産投資などと比べて空室のリスクがかなり低いのも、安定収入が見込める所以です。

高齢者施設のなかでもねらい目は?

高齢者施設とはいえ、さまざま種類があります。高齢者施設の土地活用でとくに注目したいのが、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)です。

サ高住は政府方針として促進を目指している

サ高住は有料老人ホームに比べれば新しいサービスで、比較的元気な高齢者のための賃貸住宅であることが大きな特徴。これは、自宅での介護を促進する政府方針に沿ったもので、これからも成長が期待される業態といえるでしょう。

サ高住は国から補助金が出る

サ高住は建築費用の10%を国が補助してくれます。施設のバリアフリー化など、一般的な住宅よりも初期投資は大きくなりますが、固定資産税や相続税で節税になるといった優位性もありますし、改修工事の場合はその費用の3%を国が補助してくれるのです。

また、賃貸住宅の一種として考えた場合、サ高住はマーケット事情などにあまり左右されないため、賃料の下落リスクが少ないことから、安定収入が期待できるのです。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト