介護施設の土地活用

このカテゴリーではタイプの違う老人ホームや介護施設をピックアップ。土地活用における特徴や建築費用相場、需要や補助金の有無などを紹介します。

住宅型有料老人ホーム

老人ホームのなかでも自立している人や介護レベルが軽度の人を主な対象とした施設。生活全般のサポートが基本で、レクリエーションが楽しめる点や各種設備が充実していて、介護付き有料老人ホームより料金が割安になっているのが特徴。介護サービスは外部を利用することになります。

住宅型と介護付きとの差は出ていませんが、有料老人ホームの括りでいうと坪単価の平均は62.4万円と出ています。

介護付き有料老人ホーム

エリア単位で行政の公募があり、選定されないと開設することができないのが介護付き有料老人ホームの最初のハードルといえるでしょう。逆にいえば、開設すれば同一エリア内での競合リスクが少ないのは経営サイドにとってメリットともいえます。文字通り介護サービスが必須となり、介護レベルによって利用者の料金が設定されます。

有料老人ホームの坪単価の平均は、62.4万円と言われています。

サービス付き高齢者向け住宅

サ高住という略称で表現され、高齢者施設のなかでは後発の事業形態となります。老人ホームは入居時の初期費用がそれなりの金額になるサービスですが、サ高住は賃貸住宅の一種。施設自体はバリアフリー化するなど建築費用は普通の住宅よりもかさみますが、建築費用に国の補助金制度を利用できるのはメリットといえます。

サ高住の坪単価の平均は、63.8万円です。

デイサービス

利用者は自分の住まいがあって、送迎車を利用して施設に通い食事や入浴、健康確認や機能訓練といったサービスを受けます。高齢者にとっての住まいではない分、施設自体は小規模での事業スタートも可能となります。

また、デイケアはリハビリがメインとなりますが、デイサービスは日常生活を施設でサポートすることがメインとなります。

デイサービスの事業所自体は減っている傾向にはありますが、坪単価は57.1万と、高齢者施設のなかでは比較的安めを推移しています。

グループホーム

認知症の人たちが共同生活できるようにサポートするのがグループホーム。介護スタッフが在籍して、利用者5~9人の定員に対して、基本的には本人の能力をできるだけ活かすための手助けをするのがサービス特性です。

開設は自治体の公募により、低層の小規模な施設での事業スタートも一般的です。

グループホームの坪単価は、約67.8万円です。

小規模多機能型居宅介護ホーム

地域密着型の高齢者サービスで、通所・宿泊・訪問に対応、サービスは365日24時間体制のフルタイム。専門スキルを持ったスタッフを揃える必要がありますが、そのぶん利用者にとっては心強い存在となります。

自治体によって施設創設・改装費用を助成してくれる制度もあり、オーナーと事業者は長期的賃借契約を結ぶことになるでしょう。

小規模多機能型居宅介護ホームの坪単価の平均は、70.2万円と出ています。

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト