デイサービス

このページでは小規模からのスタートもできる、デイサービスによる土地活用の概要やメリットなどを紹介します。

デイサービスとは

生活拠点となる自宅はあって、食事や入浴、健康確認や機能訓練などを目的として利用者が施設に通ってサービスを受けるのが、このデイサービス。送迎車でサービス利用者の送り迎えをするのが一般的で、小規模施設での開設も可能となります。

デイサービスと言われるのは主に日常生活のサポートがメインで、リハビリをメインとするサービスはデイケアといわれます。なかには両方に対応している施設もあり、土地活用の方法としては周辺環境のニーズを精査してから検討することになるでしょう。

デイサービスを建てるメリット

土地活用としてデイサービスを建てることの主なメリットを紹介します。

  • 地域社会に対する貢献度が高くなる
  • 介護施設のなかでは小規模な投資金額からスタート可能
  • 建物や設備などのメンテナンスは事業主体の負担割合が大きい
  • 小さめな敷地でもデイサービスなら利用できる可能性大
  • 周辺ニーズに合わせて業態や特色の選択余地がある

デイサービスの建築費用相場

デイサービス(介護老人保健施設)の坪単価を見てみると、従来型の施設で57.1万、ユニット型の施設で81万円というデータが出ています。

引用元:社団法人日本医療福祉建築協会の資料より(http://www.wam.go.jp/wamappl/bb01Keij.nsf/0/a204bfb5aad009ff49257611002b9a31/$FILE/shiryou2.pdf)

デイサービスの建築基準や補助金など

デイサービスの施設に対する建築基準や設立にあたっての補助金などは以下となります。

建物用途 床面積が100平方メートル未満の建物を改修する場合、用途変更が必要
機能訓練室・食堂 利用定員数1人あたりの床面積が3平方メートル以上
必要な設備など スプリンクラー、火災報知器など
国からの補助金 なし

デイサービスの現在の需要

厚生労働省が2017年に発表したデイサービス事業所数の推移によると、2000年度にスタートしたデイサービスは2015年度までずっと右肩上がりに事業所数が増えていたのに、2016年度になって初めて減少に転じています。2015年度が43,440件だったのに対して2016年度は43,399件。41件と微減ではあるのですが、これを小規模事業所にフォーカスしてみると、23,763件から20,182件へ3,581件も減っていることがわかります。

これは2015年に介護報酬が改定されて小規模デイサービスの介護保険報酬が約10%削減されたことに起因しています。

引用元/みんなの介護
https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no327/

坪単価が安いところはどこ?老人ホームの建築会社ランキング

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト