グループホーム

このページでは認知症の高齢者の共同生活を支える、グループホームによる土地活用の概要やメリットなどを紹介します。

グループホームとは

高齢者施設のなかでも認知症の人を対象として共同生活できるようサポートするのがグループホーム。定員は5~9人で、介護するスタッフがいますが、できるだけ本人の能力を活かすことを目的としています。

自治体の公募でエリアごとに開設され、施設規模は低層で比較的小規模なものが中心となっています。

グループホームを建てるメリット

土地活用としてグループホームを建てることの主なメリットを紹介します。

  • 地域社会に対する貢献度が高くなる
  • 介護施設のなかでは小規模な投資金額からスタート可能
  • 建物や設備などのメンテナンスは事業主体の負担割合が大きい
  • 小さめな敷地でもグループホームなら利用できる可能性大
  • エリア内における競合リスクが少ない

グループホームの建築費用相場

グループホームの坪単価は約67.8万円。有料老人ホームよりはやや低コストで建てることが可能でしょう。

引用元:高齢者住宅財団(http://www.koujuuzai.or.jp/pdf/project_2011_01_07.pdf)

グループホームの建築基準や補助金など

グループホームの施設に対する建築基準や設立にあたっての補助金などは以下となります。

設置場所 利用者の家族や地域住民と交流可能な地域。入所施設あるいは病院の敷地外
居室 1人あたりの床面積が7.43m2以上(収納設備などを除く)。居室定員は1人、サービス提供上必要な場合のみ2人
必要な設備など 居室に隣接した食堂など。台所、便所、洗面設備、浴室
国からの補助金 なし

グループホームの現在の需要

グループホームは2001年に制定された介護保険法によってスタートした事業。初期の定員数は12,486人でしたが2014年には184,600人にまで増えていて、需要供給ともに右肩上がりであることがわかります。

また、独立行政法人福祉医療機構の調査データでは、グループホームの利用率が2013年度で95.6%、2014年度も同様に95.6%と高い水準で推移している点も注目です。

引用元/独立行政法人福祉医療機構『認知症高齢者グループホームの経営状況について』
http://www.wam.go.jp/content/files/pcpub/top/scr/160322_GH(3).pdf

坪単価が安いところはどこ?老人ホームの建築会社ランキング

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト