サービス付き高齢者向け住宅

このページでは新しい分野の賃貸住宅として注目される、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)による土地活用の概要やメリットなどを紹介します。

サービス付き高齢者向け住宅とは

略してサ高住とも言われるサービス付き高齢者向け住宅が老人ホームと大きく異なる点は、賃貸住宅という点。建物や設備がバリアフリー化されるなど高齢者に優しいつくりになっていて、日々の暮らしに関する相談及び安否確認などのサービスが付いています。

介護は通所や訪問といった在宅介護サービスを利用することになります。

サービス付き高齢者向け住宅を建てるメリット

土地活用としてサービス付き高齢者向け住宅を建てることの主なメリットを紹介します。

  • 地域社会に対する貢献度が高くなる
  • 建物や設備などのメンテナンスは事業主体の負担割合が大きい
  • 住宅施設のなかでも固定資産税や相続税で節税に有利
  • 国が提供する補助金制度を利用することができる
  • 賃料の下落リスクがほぼないので中長期の安定収入が期待できる

サービス付き高齢者向け住宅の建築費用相場

サ高住の坪単価を全国で見ると、63.8万円。関東だけで見ると平均坪単価67.8万円となっています。

引用元:高齢者住宅財団(http://www.koujuuzai.or.jp/pdf/project_2011_01_07.pdf)

サービス付き高齢者向け住宅の建築基準や補助金など

サービス付き高齢者向け住宅の施設に対する建築基準や設立にあたっての補助金などは以下となります。

居室 1人あたりの床面積が25m2以上。
必要な設備など 便所、洗面設備など、バリアフリー化
補助金 本体の建築費用(税込)の10%が補助金対象

サービス付き高齢者向け住宅の現在の需要

公益社団法人全国有料老人ホーム協会が2014年3月に公表した調査報告書には高齢者施設に対するアンケート調査に基づいた入居率が掲載されています。そのなかからサービス付き高齢者向け住宅の入居率分布をピックアップしてみます。

入居率 回答数 回答比率
50%未満 164 15.9%
50~70%未満 129 12.5%
70~90%未満 207 20.0%
90%以上 488 47.2%
無回答 46 4.4%

サービス付き高齢者向け住宅の約47%で入居率90%以上というのはよい傾向かと思われますが、入居率50%未満が約16%となっているのも注意したいところです。

引用元/公益社団法人全国有料老人ホーム協会『有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査研究』
http://www.yurokyo.or.jp/investigate/pdf/report_h25_01_02.pdf

坪単価が安いところはどこ?老人ホームの建築会社ランキング

高齢者施設を安く建てられる建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~
                     

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~
                     

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト

高齢者施設を安く建てられる
建築会社 BEST3

1位

ワイビルド

1坪50万円台~

公式サイト

2位

渋沢

1坪60万円台~

公式サイト

3位

レオパレス21

1坪70万円台~

公式サイト